【京都御所で子供と遊ぼう!】遊具あり、安心安全はお墨付き!

スポンサーリンク
子供の遊び場
スポンサーリンク

京都御所は子供の遊び場として最適

町家おとんです。

京都御所は意外に知られていないかもしれませんが、幼児の子供の遊び場としては、京都随一の場所です。

なぜか?

その理由を町家おとんの主観でお伝えいたします!

まずは京都御所の場所、これは省略しますね(笑)

京都御所の中で子供遊べる場所は、探検場所やグランドを含めると何か所かあるのですが、王道は京都御所内の北西に位置するエリアになります。

実にシンプルでわかりやすい(笑)

他にも、

  • 池でカモとコイとたわむれる
  • 探検山で探検ごっこする
  • 屋外で絵本と紙芝居を楽しむ
  • グランドでのボール遊び
  • 凧あげポイント
  • ザリガリ釣りポイント

などなど、様々な遊びが楽しめる場所となっています。

それぞれについては、またの機会に書くとしますね(笑)

京都御所には多種多様の遊具あり

ではそのエリアを見ていきましょう。

まず、全体的な位置づけとしては手前がちっちゃい子用奥が少し大きめの子用となっています。

赤ちゃん~小学校低学年ぐらいまでの遊び場といえます。

たとえば、オムツブランコ。これは入口近くにあり小さい子でも安全ですよね。

その横にもブランコがあり、それはチェーンで前を止めるタイプ。オムツブランコほど安全では無いですが、それでも小さな幼児向けのブランコとなっています。

次にこのブランコの前にある砂場。

網で囲われていて安全です。

なによりもここの砂場は置きっぱなしのグッズがあり、自由に使っていいということです。

スコップ、バケツ、ジョウロといったグッズがいっぱいあり、手ぶらで行っても無問題!

近くにはベンチもあるので、大人も座って様子を見ることが可能です。

次は奥の方も見ておきましょう。

幼児が駆け回れる小さな小高い丘の奥には、ブランコが3つもあります。

これは3つとも普通のブランコです。3つもあるので、そんなに混んでるのは見たことがありません。

そしてブランコ横にはシーソーが2つ、滑り台もあります。

あ、そうそう、幼児が駆け回れる小高い丘には、最近立て札が出来ました。

これで小さな子でも安心して遊べますね。

よく見かけるのは、柔らかいボールのキャッチボールや、フリスビー、ストライダーとかです。ちょっとした高低差があるので走ったりするだけでも楽しいんだと思います。

京都御所の休憩場所は色んなことに使える

この遊ぶエリアの一角に休憩場所があります。

ここには自販機とベンチ、奥にはトイレの建物、そしてちょっとした板張りの広間があります。

この広間の使い方は色々で、

  • まだ歩けない赤ちゃんのハイハイ場所として
  • お弁当を食べる場所として
  • 急な雨の雨宿り場所として

色々使えます。朝早い時間に行くと、まだ住人が寝てたりもしますが…。

すぐ横には水道もあるので、手足を洗ったり、砂場遊びのために水を汲んだりにも使えます。

京都御所には他には無い「絵探しタイルしりとり遊び」がある

京都御所の遊び場のもう一つの楽しみ方はコレです!

えさがしタイル遊びです。

これは大人も遊べます!

絵のタイルが地面に何枚も埋め込まれていて、絵から読み取れる言葉のタイルをしりとり形式で探していくゲームです。

最初は「いただきます」から始まります。

次は「す」だから、「す」で始まる絵タイルを探す、という遊びです。

ありました、ありました。

「す」はこれですね。

そして、このしりとりを10回くらいして、最後の「ごちそうさま」でゴールになります。

面白そうでしょう?

運動が苦手なお子さんもこれなら頭を使うだけ。楽しめます!

京都御所の遊び場は、安全、安心は日本一かも!

ということで京都御所の子供の遊び場を紹介してきました。

自然がいっぱいで、倒木に上って遊んだりもできます。

危ない倒木はちゃんと立ち入り禁止にしてあるので大丈夫。

これだけ遊べて無料、時間の制限もなく、お弁当やシートの持ち込みもOKなので、季節の良い時は一日中楽しめます!

そして、何よりも車が入ってこないという安全さと、時々皇宮警察が巡回しているという安心さが他の場所では絶対にないメリットです!

最後までご覧頂きありがとうございました。

町家おとんでした。

0

コメント