【ネズミとの仁義なき戦い】京町家に住むことはネズミと戦うことだった!

スポンサーリンク
京町家暮らし
スポンサーリンク

ネズミと気付くまで

町家おとんです。

大阪でのマンション暮らしに別れを告げて京町家に引っ越してきました。

憧れの京町家での暮らし♪

不便な部分もありますが、少しずつ慣れてきて楽しくなってきたある日。

就寝中、何かの物音で目が覚めました。

「ドタドタドタ!」

「タッタッタタタタ…」

ん?お隣さんかなぁ。

我が家の京町家は2軒連棟で、お隣さんとは壁一枚なので、大きめの音はそれなりに聞こえてくるんですよね。

町家おとん
町家おとん

お隣さんはこんな夜中に何してるんだろう?

いやいや、違う。

音がするのは天井の方からではありませんか!

ゴキブリ?いや、ゴキブリならここまでの音はしない…

こ、これは、もしや…ネズミか!?

その夜を境に、日中戦争のような、ベトナム戦争のような、出口の見えない泥沼の闘いが始まったのでありました。

ネズミと確信

あとから思えば、もっと前にネズミと気付けたのかもしれません。

以前から2階の階段を上がったところに、小さな泥の塊のような細いグレー色の物が数個落ちていたのは確認していたのです。

その時は、古い町家なのでホコリか木片が落ちたんだろうぐらいにしか思っていませんでした。

あえて写真は載せませんが。。。

でもネットで調べてみたら…

どうやらそれはネズミの糞らしいとグーグル先生が教えてくれました。

今までネズミとは縁の無い人生を送っていた私にとって、この糞らしきものと、天井裏の物音で、やっと、これはネズミに違いないと確信を持つようになりました。

ネズミ対策を考える

天井裏の物音は、ぴたっと音がしない日々もあれば、数日続くこともありました。

その時はまだ天井裏を見る術が無かったので、ただただ想像を膨らましては、

「1匹では無いような気がする…」

「音がしない時もあるから住みついてるわけでは無いのかも…」

と勝手に考えるようになりました。

考えるようにはなったものの、夜中に天井裏で運動会をされては、こちらも寝れません。

何か対策をしなければと思うものの、天井裏を見ることもできず、ネズミ対策の知識や経験値も乏しく何も出来ずの日々。

「タタタターッ」

唯一やったことは、音がするところの天井を、棒でトントン突いてみる程度。

「・・・・・・」

突いてみると、どうやら気付いているようで、しばらくの間は無音になります。

でも、またすぐに運動会が始まる始末。。。

「タタタッー」「ドタドタドタッ!」

町家おとん
町家おとん

さて、どう対策をしたらいいものか・・・

とりあえず、ゴキブリホイホイを買う感覚でホームセンターに行ってみることにしました。

豊富なねずみ対策グッズ

ホームセンターには様々な対策グッズが置いてありました。

バルサンみたいなやつ、においで追っ払やつ、捕獲機、粘着シート。

虫を殺すのは「殺虫剤」ですが、ネズミを殺すのは「殺鼠剤」と言うことも、それを「さっそざい」と読むことも初めて知りました。

これだけ色々な対策グッズがあるということは、こんな令和の時代になっても困っている家がたくさんあるということの証明でもあり、なんかそう思うと自分だけじゃないんだと何故かちょっとホッとしてしまいました。何の解決にもなっていませんが(笑)

町家おとん
町家おとん

天井裏はどうなってるんだろう・・・

天井裏を見てみたいと思うようになりました。

でも、天井裏の見方がわかりません。

ただ、天井部分は板が張り合わせられてるだけなので、無理やり広げると指2本分くらいの隙間が空くことがわかりました。

結局ホームセンターで「あーでもない、こーでもない」と20分ぐらい悩んだあげく、隙間から投げ込むことができる投げ込み式の殺鼠剤を買ってみました。

「デスモア」凄い名前です。ラスボスのようです。

しかも「プロ」

効きそうです。

中はこんな感じ。

それにしても高かった。困っている家は買わざるをえないからかな…

投げ込んでみた殺鼠剤

さっそく帰って、天井裏に通じるわずかな隙間から殺鼠剤を投げ込んでみました。

殺鼠剤と言っても、これを食べてすぐに死ぬわけではないようで、巣に持ち帰ったり、食べたネズミの糞を、また別のネズミが食べたりすることで、全体をしばらく時間をかけて駆逐していくようなものだそう。

ネズミの家族からするとたまったもんじゃないでしょうね…。

投げ込むといっても隙間がほとんど無いので、正直投げれていません。隙間から入れ込むという表現の方が正しいかもしれません。

本当なら12個全部投げ込みたかったのですが、隙間があまり無く、ねじ込んで入れることができたのはせいぜい5個程度でした。

どうか効いてくれ!

果たして殺鼠剤の効果は?

殺鼠剤を投げ入れてからも、しばらく夜中の運動会は続きました。

眠れません…。

しかし、2週間目ぐらいかな…、夜眠りについてから、気付いたら朝!という日が来ました。

つまりは、夜中に起こされることがなくなったんです。

ということは、ネズミがいなくなった!!

万々歳♪

我が家の夜にしばしの平和が訪れました。

が、しかし、それから数カ月後・・・・

町家おとん
町家おとん

天井の方からカリカリ音が聞こえてくる…まぢかよ…

敵は諦めてはいませんでした。

ちゃくちゃくと次の戦いの準備をしていた模様。

そして第二次世界大戦が勃発したのでありました。

ネズミの生命力おそるべし。

古代から生き残ってきただけのことはあります。

続きはまた書きますね~では!

町家おとんでした。

0

コメント